加算メニュー



基本方針

様々な活動、社会参加の場面をつくって目標達成をともに目指す

「元気になってカフェに通えるようになりたい」といった目標が実現できるように、活動や参加のメニューをつくって提供しています。ココに集まる人みんなが、動くコトを一緒に楽しむ。リハビリデイサービス クローバーは、動くコトが楽しくなる場所です。

 

◉お花の水やりなど、利用者様同士のコミュニケーションも大切にしています。

 

 

 

 

 


 

 

◉みんなでアットホームな空間のなか、リハビリをおこなっています。

病気やケガ、障がいや年齢などが原因で「家で寝てばかりいる」という状態にならないよう、みんなで楽しくできる運動や体操のやり方などを一緒に考え、一緒に実施しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関節や筋肉を動かし、バランス感覚を磨き、かっこよく動く。安全に動けるコトを確認したら個別のリハビリメニューを始めましょう。移動や更衣、トイレなど日常生活の中の「動きの質」が良くなるように、どんな動き方をすればよいか?を分かりやすくお伝えし、その動き方が上手になるよう個別に練習しています。生活場面を想定した演習(入浴や更衣などの場面)や、課題設定した協働作業などを通じて、その人の自立した生活の為の計画を作り、目標の達成に向けて一緒に実行しています。

 

◉デイサービスの隣にカフェを併設しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

本人、家族、支援者や地域の人々などが気軽に集えるカフェがあります。カフェ・コミュニケーションを通じて、活動や参加の場面を共有し、その人の「自分の力で生きる力(自立)」を支援します。

 

リハビリデイサービス クローバーのスタッフは考えます。

病気や障がい、老いることによる生活の不具合など、様々な状態においても住みなれた地域で活き活きとした生活を送る為にはどのような支援が必要か。利用者の方、家族の方、そしてその方々を支える皆さんと一緒になって考えていきたい。

リハビリデイサービス クローバーは、ご本人ご家族、そして、看護、介護、リハビリのスタッフが全員で「リハビリテーション」に取り組み、介護予防や要介護状態の悪化防止や生活機能の維持向上など、自立支援に向けた活動を推進しています。

動くコトが楽しくなるような時間と場所を創るコトで一人ひとりとの関わりを大切にしていきたい、常にそう願っています。