基本方針

利用者の皆様が、住み慣れた所でいつまでも「いきいき」と「健康」で「自立」した生活が送れるよう、必要な介護保険サービス等を調整して暮らしを支援する事が仕事です。



ケアマネジャーは、介護保険サービスでは「扇の要」の様な存在で、各種サービスの調整役を担っています。お一人お一人の希望に沿う様、コミュニケーションを第一に、相談・援助、情報収集やアセスメント、居宅サービス計画書の作成や、サービスの利用調整などに走り回っています。日々変わっていく利用さんの状況や、新たな仕組み(制度や法律)等に対応する為に、研修への参加や情報収集に努めています。